目薬を使用することによって、視力を回復することができるのを知っていますか? あまり知られていませんが、眼科で処方される目薬を使用することで、視力が回復する可能性があるのです。 ただし、どんな目薬でも良いというわけではなく、ミドリンと呼ばれる目薬に限られます。 この目薬は市販されていませんから、医師に処方してもらうしか入手する方法がありません。 ミドリンには、疲労している目の筋肉をリラックスさせる作用があり、目が持つ調整機能を正常な状態に戻してくれます。 その結果、視力が甦るというもので、仮性近視のみに有効です。 仮性近視とは、目の疲れによって一時的に視力が低下してしまっている状態のことをいいます。 この状態の視力低下であれば、ミドリンで回復できる可能性があると思ってください。 逆にいうと、それ以外の近視の場合には効果がないため、回復することの方が少ないかもしれません。 ただ、自分ではどのような近視なのか判断することができないと思うので、まずは眼科に行って医師に相談するようにしましょう。 そこで、ミドリンを処方してもらうことができれば、仮性近視ということになります。